薬剤師への就職について思うこと

薬剤師は現在売り手市場であり、人気の職です。
それは薬剤師になるためにかかる年数が1つの理由です。

現在のところ薬剤師になるには2つの方法がありますが、どちらを通っても6年の年数がかかってしまいます。

また国家試験にも合格する必要があるため、薬剤師になることは容易ではありません。
1つ目の方法は6年制大学(薬剤師養成課程)に進み、卒業して薬剤師国家試験の受験資格を得ます。

その後無事に国家試験を合格すれば、晴れて薬剤師になることが出来ます。

2つ目の方法は4年制大学で薬学課程に入って卒業し、薬剤師国家試験の受験資格が得られるようになる大学院に進学します。

そこで6年制大学でしか得られなかった履修科目の不足分をとることで、受験資格を得て、合格すればなることができます。

かかる年数は長いですが、それに見合った就職への強さがあります。

しかし、今は良いですが人気の職はいずれ飽和状態になります。
上記のようなかかる年数から就職はできるでしょうし、最初はそこそこ好待遇かもしれません。

ただ上に行くにつれて頭打ちになってしまう可能性があります。
これから薬剤師になろうとしている方は十分に調べて検討する必要があると思います。

薬剤師になるには

薬剤師は、国家資格に合格した者のみができる仕事です。

薬剤師の国家資格を取得するには、何度も言いますが大学の薬学部か薬科大学で6年学び、薬剤師養成課程を修了しなければなりません。

薬学系の学部を含む大学は国内で74校あります。

大学では、生物化学や有機化学をはじめとする化学等を授業で学び、調剤薬局での実習に至るまで、薬学に関するたくさんのスキルや知識を身につけます。

化学関係が中心的なので、化学が得意でないと致命的でしょう。

これらの知識等を身につけたうえで、6年課程を修了、もしくは卒業の見込みのある者のみ、薬剤師国家試験の受験資格が得られます。

薬剤師の就職先は製薬会社や調剤薬局などです。6年生のときに就職活動を始めますが、3月の国家試験に合格できないと内定を取り消されます。

求められる能力としては、処方箋のとおりに正しく処方でき頭を働かせることのできる人、大学等でしっかりと薬剤師になるための勉強を怠らず、薬剤師になっても常に薬学の勉強を続けられる継続性のある人です。

薬学部での勉強について

薬剤師になるためには、薬学部に入る必要があります。そして、指定の単位を取得し、国家試験に合格して晴れて薬剤師になることができます。

この薬学部での勉強は他の学部に比べて大変という噂です。大学生といえば、遊べる時間が長いと思われています。実際、私も大学生の間は結構遊んだと思います。しかし、薬学部は違います。

落としてはいけない授業が多く、本当に必死です。そして、ちょっとでも単位が足りなければ、すぐに留年です。また、授業で習う範囲も幅広く、一般的な化学系の学生が習うような、有機化学や生化学なども習います。それに加えて、薬学部のメインである薬についても習います。

ですので、学生の間に習う事は量も多く、範囲も広いので大変ですが、社会に出た時に役に立つ知識がたくさんあります。今では薬学部は6年制に移行し、最短でも卒業できるのは、他の学部の人が大学院の修士課程を卒業した時と同じ年齢になります。

また、この6年制に移行したことにより、実習がより増えたと聞いています。実習というのは、病院の薬を調剤する部門での実習であったり、調剤薬局での薬剤師の仕事を習う場所です。

私もたまに調剤薬局に行くと、学生実習中といった札をつけた若い子が、相談にのってくれたりします。きっと、薬学部の実習だと思います。

薬剤師の転職は、割合有利

薬剤師のライセンスがあっての転職は、ないよりも有利に次の職場が見つかると思います。
取得のハードルが高く、親にお金がある必要があるし、勉強もしなければなれません。

ということで、あまり取得していることがないと思います。あれば、病院、薬局、ドラッグストアといったところで、いつも募集があります。続けられるかどうかは本人しだいです。

転職するうえでも、転職する理由は求められるし、安易に転職できるというものではないはずです。

でも、話を聞いてもらえやすく、薬剤師不在では運営できないところがたくさんあり、一人でも多くの薬剤師を確保したい意向を示していることでしょう。

ドラッグストアの薬剤師の場合、繁盛している店ほど激務な様子です。
そういう職場にいれば、やはり転職したいと思うかもしれません。

逆に暇すぎてやることがないということで、繁盛店へ移動することもありえます。いろいろ職場の環境が違うことからも、転職理由はさまざまです。

薬剤師に飽きてしまった

最近薬剤師という仕事に飽きてきました。私はとても飽きっぽいのですが、薬剤師は一生モノの仕事だと思っていたのです。それなのに、五年間働いて飽きてきたのです。だから違う職業に就きたいと考えているのです。

先輩にも相談をしました。どうしても辞めたいなら、それはそれで仕方がないと言われたのです。私はしたい事をしようと思ったのです。

私のしたい事、それは服を作る事です。今は薬の調剤をしていますが、できる事なら服を作りたいのです。子供の時。母がよく私の服を作ってくれました。母の手作りの服は私の自慢だったのです。

だから私もそんな母みたいに、誰かの服を作りたいのです。そうなりたいのです。

そのためには今の仕事を辞めないといけません。薬剤師を思い切って辞めて、転職をしようと思うのです。私は子供服を作る仕事をしたいです。

そのためなら、何時間でもミシンの前で座ってられるでしょう。きっと買う人に、満足される服を作れると思うのです。

転職をしようとしている友人

友人は今は薬剤師をしています。とても大きな調剤薬局で働いているのです。そこには私も行った事があります。近くの病院で風邪の診察を受けたのです。
そして処方箋を持って、友人のいる調剤薬局へ行ったのです。

そこを辞めて友人は違う仕事をしたいと言っています。

その仕事はなんと美容部員だったのです。以前は全くおしゃれに興味がない友人だったのに、最近とてもおしゃれになりました。そしてとてもきれいになったのです。

だから薬剤師を辞めて、美容部員になると言っているのです。まさかの発言で友達や友人の家族みんな、とてもびっくりしています。

でも女性なので、それもいいなと思うのです。そんな友人も見てみたい気がします。
薬剤師が嫌になったのではありません。

ずっとなりたい職業でもあったのです。でも薬剤師になってから、また違う夢ができたのです。そんな事も、誰にでもあると思います。

だから友人は今、その夢に向かって走っています。この先どうなるかわかりません。でもそんな友人を応援したいです。
そんな簡単に転職したのです

大変な転職だけどコツさえつかめば

実は私は双子の妹なのですが。同じように、薬剤師として会社で働いているのです。
社内ではとても有名な双子でもあるのです。一卵性なので、みる人見る人とても驚いています。

でも姉がに転職をするため今頑張っています。

姉はこの会社を辞めて、製薬会社で薬剤師の資格を活かして仕事をしたいと思っているのです。
でも新しい仕事が決まったら、ここを辞めると言っています。

だからこれは秘密なのです。誰にも言っていない、私と姉だけが知っている秘密なのです。

姉に合った転職先をまずは見つけないと、まだこの会社を辞める事ができません。

だから姉は一か月以内で、なんとか見つけようと面接を受けているのです。

もう七カ所は面接へ行きました。早く決まってくれることを私も祈っています。

複数の薬剤師求人サイトに登録しよう

うまく転職活動を成功させるには、まず複数の薬剤師求人サイトに登録することが大事です。

なぜなら、とにかくたくさんの求人情報を得ることが成功への近道ですが、求人サイトによって掲載されている情報は異なります。したがって、複数の求人サイトに登録すれば、それだけ多くの求人情報を得ることができるのです。

そして、得られた求人情報をしっかりと比較して、よい条件の求人を探すと良いでしょう。

薬剤師として仕事を続けていると、 「職場の人間関係に悩んでいる」 「もっと給料がいい仕事をしたい」 「他の職種で働いてみたい」 「結婚や出産などで働く環境を変えたい」 などの理由で転職を考えることがあるカモしれません。そんな時に薬剤師業界の転職事情を理解していないと、思うような転職ができないことに繋がるカモ…。 ここでは私「薬剤師カモ子」が、薬剤師が転職を考えた時に知っておいた方がいい基礎知識や転職エージェントとはどんなものなのかなどについて紹介していきたいと思います。
参考:転職カモちゃんの薬剤師転職 | 薬剤師の方に向けた転職情報を紹介します

また、求人サイトのサービスのひとつとしてコンサルタントによるマッチングがあります。

コンサルタントは、あなたが希望する条件とマッチするような求人を探してくれるので、是非とも利用するべきです。

転職は人生の中でも大きな決断を要するものですから、中途半端な探し方にならないように、しっかりと納得がいくまで探す方がよいのです。

求人サイトやコンサルタントを利用してあなたにとって最適な求人を見つけましょう。

コンサルタントをしっかり活用しよう

コンサルタントはあなたの希望条件と求人のマッチングを行ってくれますが、役割はそれだけではありません。

コンサルタントは転職に関することについて、いろいろアドバイスしてくれたり相談に乗ってくれたりします。何よりもあなたの味方となって、転職活動がうまくいくように導いてくれます。

一人きりで活動していると、わからないことや不安になることもありますが、コンサルタントがしっかりとサポートしてくれるので安心です。

しかもコンサルタントへの相談などは無料です。
是非ともコンサルタントを活用して、転職活動に役立ててください。

理想の仕事、薬剤師

私にとって薬剤師は理想の職場で働ける理想の職種です。

私は薬剤師の仕事につくまでいろいろな職場で働いてきました。

夏は暑く冬は寒い環境下での仕事、体力と腰を消耗する介護の仕事、体力は使わなくても精神的にキツイ仕事。

だからこそ、空調管理された快適でキレイな室内で、処方箋の指示通りにクスリをチョイスする…そんな薬剤師の仕事にとても魅力を感じてしまうのです。

確かに、処方時のミスが絶対に無いよう気をつけなければいけず、そのことに対する精神的負担なプレッシャーはあるかと思いますが、それさえ乗り越えればとても快適な仕事だと私は思います。

時間給も他の仕事より断然高いですし、病気がこの世から無くなることはまずあり得ませんから、将来も安泰です。

しかし、こんないいことばかりの職種だからこそ、資格を取得するまでがとても大変です。

薬学部は6年制ですし、そのあとの国家試験に合格しなければいけません。ここにたどり着くまでに何百万もの費用がかかりますので、よほどの経済的余裕がない限り、社会人から目指すのは難しかったですが今は薬剤師として働けている自分がいます。

お褒めの言葉を頂いた時

先日、子供が風邪を引いたので、近所のドラックストアに風邪薬を買いに行きました。
子供用の風邪薬といっても、商品棚にはたくさんの種類の薬が並んでいて、どれが良いのかわからなくて、しばらく棚の前で悩んでいました。

すると、そこにお店の薬剤師さんがやってきました。年配の女性の方で、物腰が柔らかく、話しやすそう。そう思った私は、素直に相談してみることにしました。

子供の年齢や症状、好みなどから、錠剤・粉・シロップの違いや飲みやすさなど、詳しく丁寧に教えてくれて、一番良さそうな薬を選ぶことができて、とても助かりました。

薬を選んだ後も、この機会にと思って、自分や家族の持病についてや、その予防方法など、いろいろ聞いてしまいました。最後の方は、ただの雑談みたいになってしまいましたが、少しも嫌な顔をせず笑顔で話を聞いてくれました。

薬剤師さんって、頭が良くて少し怖いイメージがありましたが、そんなことなかったんですね。これからも何かあったらすぐに相談してみようと思った出来事でした。

とお褒めの言葉をいただいて薬剤師としてもっと頑張ろう!と思いました。

薬剤師に転職してから薬剤師として3回転職も経験しましたが
今の職場は1番自分にあっているのでとてもやりがいを感じています!